プロフィール

ニーゲム大戸木

Author:ニーゲム大戸木
H22年10月に潰瘍性大腸炎となる。
肉、ラーメン、カレーなどが食べれなくなり、その結果体重18キロ減(1/04現在)
フルメタボボディーは返上w
現在、激しい食事制限を行いながら病魔との戦いに明け暮れている。
食い物を諦めた訳では無く、食べれる物でリポートを続けてます。

まにあオススメ防災グッズ
手回しでも電池でも使える!携帯充電OK
豊天商店
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2ブログジャンキー
豊天商店
豚王我が生涯一食の悔い無し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝説のカツ丼

今日も暇があるのに金が無いニーゲムです。こんばんわ。

私、こう見えてもカツ丼にはうるさいんです。
何故かというと私が蒲田の某専門学校に通っていた頃に食べに行っていたカツ丼のせいなのです。
店の名は「大衆の店 光」と言いました。
ココは当時通ってた学生ならば誰もが知ってる有名店で、昼ともなれば長蛇の列が出来る店でした。
皆の目当てはここのカツ丼で、当時360円だったと記憶しています。
具は卵とチープなカツだけという玉ねぎも入って無いシンプルなカツ丼でしたが、
その美味さの秘密は出し汁にあったと思います。
甘めのしっかりした出汁で、チープなカツが出汁を吸うので余計に美味い。
卵の具合なんかも半熟加減がタマらんかったです。
オジサンとオバサン、そして竹内力似のお兄さんの3人で店を切盛りしていました。

今でもその店があれば恐らく2ちゃんで単独スレが間違いなくあっただろうその店は、
私が2年になった頃に突然閉店してしまったのです。
理由は未だに良く分かっていません。
店の改装をしてるとばかり思ってたら、変な喫茶店になってしまった。

という訳でこの店は伝説になってしまったんです。
私は美味いと評判のカツ丼は必ずと言っていいほど食べに行きます。
神戸の有名な某カツ丼も食べに行きました。
美味しい店はそれなりに満足して帰ります。

しかし、残念ながら未だに光のカツ丼を超える店は現れません。
まあ、恐らくは無理だと思うんです。あの値段で、あの味を出せる店がありっこない。

分かっているが辞められない。

「食」に終着駅無し。と言ったところでしょうかね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

懐かしいです。

僕が工学院生だったころ(30年前)は330円でした。

No title

全く同感です。
私が工学院を卒業して2~3年してから閉店しました。あれから20数年経ちますが諦められませんね。どこかに引っ越して営業されているのなら、どんな遠くても食べに行きたい、そんなカツ丼です。

No title

私も全く同感です。私が工学院を卒業して2~3年してから閉店しました。あれから20数年経ちますが諦められませんね。どこかに引っ越して営業されているのなら、どんな遠くても食べに行きたい、そんなカツ丼です。

No title

昭和60年ころ食べた記憶がある 何年くらいに閉店したの?

光が閉店したのはおやじさんが高齢だったからです。引退です。
後釜はほんと陳腐な店でしたね。レンジでチンのグラタンとか。
わたくし光では最後までかつ丼以外食べたことがありませんでした。かつ丼があまりにもおいしくて、他のメニューが頼めなかったんですよね。もう一回食べたいですね。360円でしたね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。